So-net無料ブログ作成
検索選択

隅田川土手のヒガンバナ [植物]

 散歩していたらヒガンバナが咲いていたので、コンデジでパチリ。所々に集中的に生えているのですが、去年は全く気がつかなかったので、人為的に植えられたんでしょう。気づくのが遅かったため1/3くらいの花がもう終わっているのが残念でした。
P1040453.jpg
P1040458.jpg
P1040466.jpg

★本日の歩数(21時現在)6258歩
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ようやく晴れた(^^)/ [植物]

 本日は「敬老の日」
 といっても、誰かが敬ってくれるわけでもありません。まあ、今の日本、財政が悪化するので、年寄りはあまりだらだらと長生きしないでほしい、というのが政府の本音ですからねー。

 台風一過というにはたいして雨風は強くならなかったのですが、今日は久しぶりにいい天気です。ただ、予想最高気温が30℃を越えるようで、年寄りとしては要注意ですな[たらーっ(汗)]

 そろそろ実りの秋、収穫の秋ですねー。ちょっと散歩するとあちこちで実りが実感できます。せっかくなのでコンデジでパチリ。
カキ.jpg
クリ.jpg
ナツミカン.jpg
ブドウ.jpg
リンゴ.jpg

★なんでも衆議院の解散があるようです。北朝鮮がミサイル試射を繰り返し、森友・加計問題も片付いていない今に「なぜ?」と思うわけですが、「今なら勝てる」というのが唯一の名目なんでしょう。安倍様のおっしゃる「仕事人内閣」が発足してまだたったの1か月。仕事人の先生方は夏休み以外に何か仕事されたんですかねえ???

★「現在迷走中」に「予想通りの説教『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』」アップしました。過去をやり直すことができたら、という陳腐な話で、こういうものをSF映画とは呼びたくない。結論も大陳腐な説教で、はっきり言って時間の無駄でした。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=177795
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の島熱帯植物園積み残し [植物]

 まあ、せっかく撮ったんだからということで、残り物の中からいくつか。今日も暑くなりそうです。
↓オヒルギ
オヒルギ.jpg
↓カジュマル
カジュマル.jpg
↓ショウジョウヤシ
ショウジョウヤシ.jpg
↓ゾウタケ
ゾウタケ.jpg
↓ハナキリン
ハナキリン.jpg
↓パンノキ
パンノキ.jpg
↓ロマンドラ・インテグラ
ロマンドラ・インテグラ.jpg
↓ワタ
ワタ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の島熱帯植物園の食虫植物 [植物]

 夢の島熱帯植物園の第3弾は、食虫植物。ここは、わざわざ食虫植物のコーナーまで作っているのですが、展示の仕方が大雑把で、とくに撮影には適しません。とりあえず撮ったものをアップします。最後に、先日、新宿御苑で撮ったウツボカズラの写真を1枚。ブログの小さな写真ではわかりませんが、シャープさや色乗り、ノイズの少なさなど原版で見ると、コンデジと一眼の違いを見せつけられて愕然としてしまいます。
↓イヌタヌキモ(以下、モウセンゴケまでTZ70)
イヌタヌキモ.jpg
↓イビセラ
イビセラ.jpg
↓サラセニア1
サラセニア1.jpg
↓サラセニア2
サラセニア2.jpg
↓サラセニア3
サラセニア3.jpg
↓ムシトリスミレ
ムシトリスミレ.jpg
↓モウセンゴケ
モウセンゴケ.jpg
↓おまけ・ウツボカズラ(新宿御苑。EOS7Dmk2+EF100LISmacro)
ウツボカズラ.jpg

★笑って謝罪すれば済む問題ではない。
 日テレに「月曜から夜ふかし」という番組がある。マツコと関ジャニ村上がMCの素人いじり番組である。7月の番組のインタビューで「14歳のときに妊娠し、妊娠させた男は逃げた」と話している馬鹿面の女がいた。「14歳の母」といえば、昔、日テレで放送され話題になったドラマ。女は、ドラマの妊娠時と同じ時期に妊娠し、ドラマの出産時に自分も出産した、と得意そうに語っていた。しかし、ふつうに考えて妊娠がはっきりするのはたいてい妊娠3か月。子どもが生まれるのはほぼその半年後。最近3か月が多い連続ドラマの中で「14歳の母」は半年もやっていたのかと調べてみた。ところが10月に始まって12月には終わっていた。ドラマで妊娠がわかるのは第1回の2006年10月11日。出産は第9回の2006年12月6日。つまり、ドラマとシンクロしていたのだとすれば、妊娠発覚から出産まで2か月しかない。となると、馬鹿面女は8か月になるまで自分の妊娠に気がつかなかったのか。いくら馬鹿でもそれはないだろう。「ドラマと同じ時期に妊娠し、ドラマの出産時に自分も出産した」という女の発言は、明らかに噓と断言できる。
 この時点で、馬鹿女もその発言も「仕込み」の臭いがぷんぷんするわけだが、番組はそれでは終わらなかった。インタビューを受けているその背後をピューっと自転車で通り過ぎる男がいて、「あっ(妊娠させて逃げた男だ)」という結末にあいなった。おいおい、いくら仕込みとはいえ、9年間も行方知れずの男がたまたま数分間インタビューされている後ろを通る確率など10億円宝くじに当たるより低いはず。やりすぎだろうと思った直後、「逃げられた男に9年ぶりに遭遇」と断定するだめ押しのテロップが出た。
 問題はその後。9月になって、実はその男は妊娠やり逃げ男とは全く無関係(要するに冤罪ネ)であり、そのテレビで妊娠やり逃げ男と断定されたため、奥さんは子どもを連れて家を出てしまったんだという抗議がきたんだそうだ。「お詫びして訂正いたします」とテロップが出て、マツコが「すれすれでやってるわ、この番組」なんて言っていたが、すれすれなんかじゃないだろう。これ、はっきりアウト。大きな人権問題でしょうが。
 ・・・と書いたわけだが、実は私はもう1つの考えももっているので、それも書いておこう。
 実は、最初のインタビューはもちろんのこと、間違えられた男から抗議がきて調べたら別人だったという話まで含めてすべて仕込みであり、作り話であるというオチである。いくらなんでもそれはやりすぎだろう、悪質すぎるだろう、と言う人もいるだろう。そう、悪質なのである。悪質どころか、犯罪である。そこまでアクドクやるのがテレビということだ。「あー申し訳ない」で済む問題ではないのである。
http://news.livedoor.com/article/detail/13601533/
http://blogos.com/article/245788/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の島熱帯植物園の「花」 [植物]

 朝、ベランダに出たら、いい天気です。ちょっと暑くなりそうな気配もありますが、夏の盛りのときのように、むわぁっとした蒸し暑さでないのは、やはりもう秋なんでしょう。

 昨日の「実」に続いて、今日は「花」です。
 土曜日は仕事とは関係ないとはいえ、けっこう歩いたりしたため疲れが残り、日曜日は家でごろごろしていました。今週は月、水と所用があるので、とりあえず火曜日にはマッサージに行こうと思っています。指圧をしてもらい、電気をあて、ウォーターベッドに乗って、この間約1時間。保険適用とはいえ、これで600円というのは安いと思います。一通りケアしてもらうと首、背中、腰の痛みもかなり減り、体が軽くなります。ただ残念なのは、翌日になるとまた元の疲れた体に戻ってしまっていること。1週間に3回くらい行けるといいんでしょうが、なかなか・・・。
↓イビセラ
イビセラ.jpg
↓温帯スイレン
オンタイスイレン.jpg
↓グロッパ
グロッパ.jpg
↓シクンシ
シクンシ.jpg
↓熱帯スイレン
ネッタイスイレン.jpg
↓ハナキリン
ハナキリン.jpg
↓フウリンブッソウゲ
フウリンブッソウゲ.jpg
↓ブッソウゲ
ブッソウゲ.jpg
↓ムシトリスミレ
ムシトリスミレ.jpg

★中日新聞の社説。北朝鮮のミサイルがぁ・・・なんて国民の不安を煽り、役にも立たない避難訓練とJアラートを発動して危機を煽る安倍独裁政権。要するに、森友、加計なんて「小さなこと」にこだわっている場合ではない、ということなんでしょう。それなら、中日社説が言う通り、それほどの差し迫った危険があるのなら、まず、ミサイル攻撃を受けたら計り知れない被害をもたらす原発をすべて止めるべきでしょう。
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017091002000107.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の島熱帯植物園の「実」 [植物]

 出かけたついでに夢の島熱帯植物園に寄ってきました。撮影で出かけたわけではありませんので、すべてコンデジです。温室といえば先日、新宿御苑の温室にも行ってきたわけですが、夢の島熱帯植物園のほうが全体に生育が早いのか、ドラゴンフルーツなど真っ赤になっていました。カカオも花はほとんど終り、大きな実がいくつも。残念だったのは、マンゴーで、大きな実が2つほど成っていたのですが、紙袋がかぶされていました。傷つくのを恐れたのか?理由はよくわかりません。
↓イビセラ
イビセラ.jpg
↓カカオ
カカオ.jpg
↓ケガキ
ケガキ.jpg
↓ゴレンシ
ゴレンシ.jpg
↓ドラゴンフルーツ
ドラゴンフルーツ.jpg
↓パイナップル
パイナップル.jpg
↓バナナ
バナナ.jpg
↓ミラクルフルーツ
ミラクルフルーツ.jpg

★「現在迷走中」に「平凡退屈第2弾『本能寺ホテル』」アップしました。鈴木雅之監督、綾瀬はるか、堤真一という同じメンバーの「プリンセス・トヨトミ」も退屈な映画でしたが、今回もまた、手垢にまみれた設定に何の新アイデアもないという作品で、少なくとも私には大退屈な映画でした。おもしろいと思った人は、幸せです。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=177458
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

向島百花園残り物 [植物]

 北朝鮮のミサイル、まあいろいろな思惑はあるのでしょうが、あの指導者の言動を見ていると、無知な子どもが、せっかく作ったんだから飛ばしてみたい、ということもあるような気がします。テレビをつけると何だか大騒ぎしていますが、警報を鳴らし、避難を促し、電車を止めるほど大騒ぎすることだったんでしょうか?
 安倍独裁首相は、「北朝鮮が、我が国に向けてミサイルを発射しました」なんて言って危機感を煽っています。が、「でんでん」「そもそも」で明らかになったように言葉の使い方が全く正しくない。「に向けて」という言葉は、目標として、目的にしてという意味を含んでいるわけですから、独裁首相の発言では、日本を目標にミサイルを発射したことになります。着水した場所は日本から1800km離れているということなので、これは札幌から福岡までくらいの距離があるわけで(8/30の新聞では1180kmになっていました。札幌から東京くらいですかね?)、領海というか、所謂、排他的経済水域は200海里=約370kmなので、ミサイルが落ちたのは公海です。どれくらいの高度を通過したのかはっきりしませんが、ニュースでは最高高度550kmとなっています。これも、一般に領空というのは大気圏内(高度100km)ということになっているので、他国の人工衛星が日本上空を通過しても誰も大騒ぎしないように、領空外です。せめて、我が国の「方角」に向けて、と言わないと状況を正しく表した日本語にはなりません。独裁首相は、まず森友の幼稚園に入って日本語の勉強からすべきでしょう。
 では、なんでアラートまで鳴らし、避難放送をし、電車まで止めたのかとというと、これは、今、日本は大変危険な状況下にあるのだから、私を支持してくれないとえらいことになっちゃいますよ、という独裁首相の「印象操作」に他ならないわけです。警報を発し、電車を止める手法は、3.11後のあの東電の「計画」停電を参考にしたのでしょうか。それにしても、やっていることが、だんだんヒットラーに似てきましたなあ。
 少し前、安倍独裁者のお膝元・山口で、北朝鮮のミサイルが発射されたときの「避難」訓練が行われている映像が流されました。わずか10分とかで到達するミサイルが本当に打ち込まれたら避難などどだい不可能です。万一の場合の自然災害時の訓練と違って、そうならないようにするのが政治であり、外交でしょうが。危険があるとすれば、明らかに憲法違反の安保戦争法により、集団的自衛権の行使や他国軍(具体的には米韓)への「後方」支援により、巻き込まれるリスクでしょう。「後方」支援というのは、相手国から見たら、宣戦布告ですから。
 ちょっとマンガチックな避難訓練を見ていて、アメリカの映画「アトミック・カフェ」を思い出しました。アメリカでの核実験や核戦争が起こったときの避難教育のための映像などを繋ぎ合わせたもので、合い言葉は「ピカッときたら、すぐ伏せろ」。自転車に乗っていたナントカ君は、ピカッときたのですぐ伏せたため無事でした、教室では先生の号令の下ピカッときたので生徒たちは机の下に伏せて無事でした・・・おいおい、ホントかよ[たらーっ(汗)]

 先日の向島百花園で撮影した「残り物」です。クコは赤い実をつけますし、ザクロやアケビの実が割れたところも撮りたいので、9月になったらまた行ってみます(9月下旬に年間パスポートが切れるので、とりあえずは更新する予定です)。
↓キンミズヒキ
キンミズヒキ.jpg
↓クコ
クコ.jpg
↓ザクロ
ザクロ.jpg
↓ハナトラノオ
ハナトラノオ.jpg
↓マツムシソウ
マツムシソウ.jpg
↓ミツバアケビ
ミツバアケビ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

百花園のナンバンギセル [植物]

 今日も朝から蒸し暑いですねえ。只今、第2次夏休み中なんですが、このところ眠りが浅くて熟睡できず、ずーっと眠い・怠い状態が続いています[バッド(下向き矢印)]。まあ、怠惰といえば怠惰でしょうし、歳といえば歳なんでしょう。このままだと、第3次夏休みが必要になるかもしれません[るんるん]

 向島百花園のススキの近くにナンバンギセル発見。律儀なナンバンギセルで、毎年同じ所に出てくれますので、発見が楽で助かります。
ナンバンギセル01.jpg
ナンバンギセル02.jpg
ナンバンギセル03.jpg
ナンバンギセル04.jpg
ナンバンギセル05.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

向島百花園のハス [植物]

 冷夏が続き、恐れていたように8月下旬から猛暑のぶり返し。残暑というか、こういうの年寄りにはこたえますなあ。ということで、私は昨日から今度の日曜日まで「第2次夏休み」に突入しました。

 久しぶりに向島百花園に行ってきました。夏と秋との端境期で、咲いている花はそれほど多くありませんが、木陰に入るとホッとします。まずは、ハスの花から。
SG4A5948.jpg
SG4A5951.jpg
SG4A5958.jpg
SG4A5959.jpg
SG4A5962.jpg
SG4A5966.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何てったって夏はアサガオ [植物]

 夏というと海・山がイメージされますが、身近な所での夏のイメージというと、何てったってアサガオでしょう。次いで、かき氷、プール、ヒマワリあたりでしょうか。
 先日、久しぶりに向島百花園に行ったら「朝顔展」をやっていました。ただ、入園したのが11時過ぎだったのでほとんどの花がすでにへたれていたのが残念。シャキッと咲いているのを見るには7:30-9:30くらいがいいのでしょうかね。子どものころ、学校に行く前に見られる庭のアサガオがきれいでしたが、あれは8:00ころだったのでしょうか? 半世紀以上も前のことなので、よく覚えていませんが[たらーっ(汗)]
SG4A5823.jpg
SG4A5827.jpg
SG4A5830.jpg
SG4A5850.jpg
SG4A5926.jpg
SG4A5929.jpg
SG4A5931.jpg
P1030689.jpg

「日進市からの戯言」にIAさんからの「そら豆通信VOL.22」アップしました。それにしても、家庭菜園を今年で止めてしまうという一文は衝撃的でしたねえ。おいしいので、あっという間に完食。もう少しじっくりと味わって食べるべきだったのではと、反省しきり。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=176272

夏期オリンピックは、2020年東京、2024年パリ、2028ロスということですか。要するに、手を挙げる都市がいないんでしょう。リオなんか盛り上がったのはいいが、多額の負債が残ったなんて話も耳に入ってきます。クソ暑い夏に行われるのは、アメリカでは秋からスポーツの大きなイベントが目白押しだからとか。また、人気のある陸上などはアメリカのゴールデンタイムに合わせて競技が行われるので、現地ではとんでもない時間に競技が行われたりします(時差の関係でアメリカのゴールデンタイムに放送される競技は日本では早朝になる)。これではまるで、アメリカのテレビ局のためにオリンピックを行っているようなものです。スポーツを通じての世界平和なんてきれいごと言っていますが、IOCはただ金を儲けたいだけなんでしょう。
 そんなことを考えると、1969年の東京オリンピックが10月に行われたのは季節としてもピッタリだったし、アメリカのテレビ局の力も今ほど強くなかったんでしょう。そして、何よりもIOCが今のような金儲け主義ではなく、アマチュアリズムを堅持していたことがわかります。
 これは私の個人的意見ですが、オリンピックは発祥の地ギリシアに恒久施設をつくり固定すべきだと思います。そうすれば、毎回の開催費用はずっと安くすむはずです。イベントをやるたびに施設に何千億円もかける時代ではないですぞ。アテネオリンピックのときがいいチャンスだったんですが、・・・。
 あ、ついでにもう1つ個人的な意見というか暴論を。競技も再考の余地は大いにあります。壁をちゃらちゃら登ったり、サーフィン、ボーリング・・・まあそうした競技のフアンもいることは否定しませんが、競技を増やすなら断然「駅伝」と「綱引き」ですね。要するに、誰の目にもスポーツと納得でき、勝敗がはっきりわかる競技がいいということです。そういう意味では体操などはボーダーライン、新体操やシンクロ(今度名前が変わるようですが)はアウトということです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000000-jij_afp-spo
(オリンピック競技について、多摩のIHさんから、サーフィンはいいんじゃないのか、というメールが来ました。サーフィンなどやらないのでよくわかりませんが、はっきりと、たとえば100m走のように優劣がつくものなのでしょうか?)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あちこちで見つけた「実」 [植物]

 8月になりました。朝からどんよりと曇ってきて、雨が降る予感がします。梅雨ではなく、夏なんだと教えてくれるのは、この高い湿気ですね。

 散歩をしていると、「実」が目立つようになってきました。どうしても花に目がいってしまいますが、子孫を残すことが大事なわけですから、そういう意味では実のほうが花よりも重要とも言えます。ここ1か月くらいの間に適当に撮った実の写真を集めてみました。
↓ホオズキ
P1030635.jpg
↓ブドウ
P1160807.jpg
↓ナス(寺島茄子)
SG4A5498.jpg
↓ヒョウタン
SG4A5532.jpg
↓ウグイスカグラ
SG4A5553.jpg
↓ユズ
SG4A5608.jpg
↓カキ
柿.jpg
↓ザクロ
SG4A5883.jpg

「現在迷走中」に「知多の日々気まぐれ日記:2017年7月」アップしました。夏は年寄りには厳しい季節、くれぐれも飲み過ぎて怪我をしたり体調を崩したりしないよう注意してくださいね
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=176245

サム・シェパードさんが亡くなられました。「ライトスタッフ」でのチャック・イエーガー役が印象に残ります。もともとは劇作家で、女優のジェシカ・ラング(「キングコング」「郵便配達は二度ベルを鳴らす」)さんと暮らしていたはずですが、離婚したのでしょうかね。合掌。
https://mainichi.jp/articles/20170801/k00/00m/060/186000c

稲田嘘つき前防衛相に反省がないという記事。昨日も書いたように何が問題とされているのかすら理解できない人ですから、なんで反省の必要があるのかわからないのでしょう。安倍独裁首相がかわいがっていたという話がありますが、平気で噓をつき反省もしないというところが似ているからでしょうかね。
https://mainichi.jp/articles/20170801/k00/00m/010/166000c

★森友学園の籠池夫妻を逮捕という記事が出ています。まあ、教育も含めやっていることはめちゃくちゃで逮捕は当然のような空気もありますが、疑問もあります。逮捕というのはたいてい「逃亡の恐れ」があるか「証拠隠滅」の可能性がある場合です。テレビに何度も出てあれほど有名になった人に逃亡の恐れがあるのか、また森友学園には何度も踏み込んで大量の書類等を押収していて今さら証拠隠滅の恐れがあるのか。つまり、無理矢理逮捕したという印象があるわけです。なぜ、この時期に逮捕の必要があったのか、これはぜひともアッキー夫人を証人喚問して詳しい話をしてもらいたいところです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000071-mai-soci
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の島熱帯植物館2 [植物]

 昨日の続きで「夢の島熱帯植物館」のスナップです。コンデジですから、まあこんなものでしょう。当日、晴天でかなり暑い日でしたので、暑いときにさらに暑い温室に入ろうという人は少ないのか、すいているのがいいですね。これが、新宿御苑の温室だと画面のどこかに必ず人が入ってくるし、人の流れもあるので、のんびりと撮ってはいられません。
P1030432.jpg
P1030440.jpg
P1030455.jpg
P1030461.jpg
P1030493.jpg
P1030509.jpg
P1030514.jpg
P1030533.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の島熱帯植物館1 [植物]

 先日、夢の島スポーツセンターに行く用事があり、ついでに夢の島熱帯植物館に寄ってきました。まあ、思っていたほど特別な植物があるわけでもなく、ちょっと期待していた食虫植物コーナーもウツボカズラ、サラセニア、ハエトリソウ、モウセンゴケ、ムシトリスミレなどわりと一般的なものがただ並んでいるだけといった感じでイマイチでした。撮影目的で行ったわけではないので、すべてコンデジでの撮影ですが、熱帯のリゾートにでも行ったつもりで、2回に分けてアップしていきます。
 何かの雑誌でしょうか着飾った親子(という設定だと思われる母娘)の撮影が行われていたのと、台詞を一生懸命覚えているお姉ちゃんとカメラ、ディレクターのテレビクルー(たった3名なので東京MXかCATVでしょう)がいたのが印象的でした。
01.jpg
02.jpg
03.jpg
P1030330.jpg
P1030356.jpg
P1030364.jpg
P1030379.jpg
P1030415.jpg

★日進のIAさんから家庭菜園で作った野菜の宅急便が届いたので「現在迷走中」に写真アップしました。サンクス
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=160309​​​​​​​
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

隅田川の公園に「悪(わる)」増殖中 [植物]

 隅田川の公園にワルナスビが増殖中。
 先日、散歩した時は、「あ、あちこちに生えているな」程度だったんですが、昨日、散歩したらあちこちどころか、いたる所に。このワルナスビ、花はナスそっくりできれいなんですが、茎にも葉にも棘が。それもけっこう鋭いので、昔、見つけたときいい角度でで写真をとろうと葉を持ったら、棘が刺さって血が出たことがあります。その棘のため簡単に除去できないし、草刈りをしても根が残っているとまた生えてくるし、しかも毒草(ミニトマトをさらに小さくしたような実をつけるので、英語では「悪魔のトマト」)。「ワルナスビ」とはまさにぴったりの名前で、要注意外来生物に指定されているはずです。
↓ワルナスビ
0 ワルナスビ.jpg
↓ワルナスビの花
1 ワルナスビの花.jpg
↓茎に棘
2 茎に棘.jpg
↓葉にも棘
3 葉にも棘.jpg

★愛知4区、こういうくそたわけを選んじゃあかんがね。「誤って押した」なんてとろくしゃあこと、ありえんが。
https://mainichi.jp/articles/20170707/k00/00m/010/114000c

★文春オンラインのまとめ記事。ま、はっきり言ってクズ集団ですな、
http://bunshun.jp/articles/-/3084
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

早くも実が生り始めました [植物]

 今日も最高気温30℃の予想。いやはや・・・

 町や公園を歩いていると木の実がけっこう目につきます。うまそうですが、盗って食べたりはしませんよ[たらーっ(汗)]
1ビワ
1ビワ.jpg
2ヤマモモ
2ヤマモモ.jpg
3プラム
3プラム.jpg
4ザクロ
4ザクロ.jpg
5不明種(以前調べたことがあるのですが、名前を思い出せません。ボケです[バッド(下向き矢印)]。知っている人よろしくー。)
5不明種.jpg

安倍独裁者のお友達学園問題は、ぞくぞくと証拠が出てきますねえ。何とかとりつくろうとする周囲は大変ですねえ。ごくろうさん。
https://mainichi.jp/articles/20170623/k00/00m/040/167000c

★これはもう豊田議員の「犯罪」ですな。離党すればいいというような問題じゃないでしょう。さすが「安倍チルドレン」、「親」を見習っているんでしょうか?
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017062201001244.html
↓暴言を聞きたい人はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=Y-XWcRC_KP8
↓まあこういう議員もいるので暴力、暴言など「驕れる」自民党では当たり前なんでしょう。やりたい放題で神経が麻痺しているのか、そういう人間たちの集まりなんでしょうか。以前の自民党には三木とか宇都宮とかそれなりに政治理念をもった気骨のある政治家がいたものなんですが・・・。
https://news.infoseek.co.jp/topics/170622jijiX797
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

サボテンの花 [植物]

 梅雨入り宣言はすでに出されましたが、このところ降ってほしいときには晴れ、晴れてほしいてきには雨という(私にとっては)ちぐはぐな天気が続いています。ただ、全体としては今年は今のところ空梅雨ですね・・・。
 サボテンの花が咲いていました。サボテンの花が、「夏が来ましたよー」と告げているような気がします。まさか、このまま夏になってしまうんじゃないでしょうね[がく~(落胆した顔)]?
SG4A5362.jpg
SG4A5366.jpg

★安倍ヒットラーの加計文書、ばたばたでやったのできちんとした口裏合わせができなかったのでしょう。「怪文書」菅の「矛盾を解消するための追加調査はしない」というのは、「共謀罪」も成立させたし、国会も終わったんだから知らんもんねー、と翻訳してください。ったく、政治家というより鉄面皮・安倍独裁者の茶坊主、腰巾着といったところですな。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017061601001435.html
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初夏のツタ(蔦) [植物]

 南千住駅のガード壁のツタがなかなかいい感じなのでコンデジで何枚か撮ってみました。ツタというと、どうしても秋の紅葉をイメージしてしまうのですが(そして紅葉は紅葉で見事なものなのですが)、新緑のツタも悪くないですねえ[わーい(嬉しい顔)]
P1020938.jpg
P1020942.jpg
P1020944.jpg
P1020946.jpg

「現在迷走中」に「久々の西部劇に甘点『マグニフィセント・セブン』」アップしました。黒澤明の傑作「七人の侍」を西部劇に移植したのが「荒野の七人」。半世紀以上経っての、そのリメイクです。いくつか突っ込みどころもあり、七人のキャラがもう一つ鮮明でない不満は残りますが、久々の西部劇なのでつい採点が甘くなっちゃいました。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=159338

テロ対策という大噓の下での「共謀罪」の強行可決。なぜこんなに急ぐのかといえば、国会を延長したりすれば「森友」「加計」問題でますます追いつめられるので、さっさと国会を終了し、「森友」「加計」問題に終止符をうとうという意図が見え見えだ。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12987932.html?iref=comtop_shasetsu_01
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017061502000118.html
 国連特別報告者の意見を聞くまでもなく、心の内面にまで踏み込んで罰するというやり方にはいろいろな疑問がわいてくる。それをろくな審議もせず、超特急でせいりつさせてしまったわけだ。「云々」を「でんでん」と読み、「そもそも」の意味もわかっていない独裁者には、民主主義、法治国家などの意味もわかっていないのだろう。
http://lite-ra.com/2017/06/post-3234.html
 で、強行採決で法案を成立させた後、筋書き通りに「総理の意向」文書が確認されたという発表。かつての速攻で見つからなかった発表、菅の怪文書発言は何だったのか?
http://www.asahi.com/articles/ASK6H4G4JK6HUTIL021.html?iref=comtop_8_01
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017061501000799.html
 しかし、転んでもただでき起きない独裁政権。内部告発者を見つけたら処分するという脅しも、しっかりとついている。
http://www.asahi.com/articles/ASK6F4D3JK6FUTFK00D.html?iref=pc_rellink
 いずれにしても国会はもうすぐ終り。何をやったところで馬鹿な国民はすぐに忘れて、選挙があればまた自公に入れてくれるだろうという計算が働いていることは間違いない(残念ながらそうなってしまうだろう)。こういう流れを見ていると、ネット右翼が嫌う、あの韓国のほうが日本よりはいくらかましではないかとさえ思えるほどだ。
 安保戦争法に始まり、憲法無視でやりたい放題の安倍独裁政権を許している日本は、もはや法治国家とは言えない。この先には21世紀のヒットラーとしての総仕上げ「憲法改悪」が待っているわけだが、そんな独裁政権の支持が50%もあるということは私には全く理解できない。ホント、これはもう本来とは違う意味での「日本沈没」ですな[がく~(落胆した顔)]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

満開のネムノキをTZ70で [植物]

 南千住の東口のネムノキが満開です。コンデジTZ70はいつも持ち歩いているので、何枚かパチリ。このカメラ、何度も書いているようにコンデジとしてはそこそこ写るので気に入っているのですが、唯一30倍ズームだけは余計ですね。35mm換算720mm望遠というとスペック的には売りになるのでしょうが、ここまでの超望遠になると手振れ補正では補正できず、また望遠端では写真自体が甘いですね。せいぜい20倍ズームにとどめて軽量化を計ったほうがよかったのではと思います。
P1020954.jpg
P1020962.jpg
P1020965.jpg
P1020968.jpg
P1020969.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユウラウメの実 [植物]

 ユスラウメの実がなっていたので撮ってみました。とてもうまそうに見えるので、かつてマンションの前庭に生っているものを2つ3つ食べてみたのですが、うまくはなかったですね[たらーっ(汗)]
SG4A5183.jpg
SG4A5187.jpg
SG4A5191.jpg

★昨日は「恒例」の、がんセンターの定期検診に行ってきました。とりあえず転移・再発はないということでホッ。

★「現在迷走中」に「壁がただの壁で撃沈『壁男』」アップしました。諸星大二郎原作(マンガ)の映画化。かつて安部公房の「砂の女」などを勅使河原監督が映画化したことがありますが、現実と幻想の間を行き来するような作品の映画化は本当に難しいですねえ。「砂の女」はかなり世評は高いのですが、砂が砂として画面に映された途端に象徴としてのイメージを失い、ただの現実の砂となってしまいました。この映画も諸星大二郎の不思議なタッチの壁ではなく、映されるのが単なる壁なので、うーんという感じです。
 大昔にアンチ・ロマンの代表的な作家ロブグリエの原作とする「去年マリエンバートで」(アラン・レネ監督)という映画があり、現実と幻想の狭間をとてもうまく出していましたが、未だによくわからなかった映画のナンバーワンです。
http://www.life-clip.jp/member/tag1948/default.asp?c_id=158546
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドクダミとヤエザキドクダミ [植物]

 なんだか今日は暑くなるとか。年寄りは体調管理が大変です。

 先日、向島百花園で撮ったものです。八重咲きは園芸品種なんでしょうか、比べてみると、個人的にはドクダミの花の方が趣があっていいんじゃないかと思うのですが・・・。
ドクダミ.jpg
ヤエザキドクダミ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る