So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

若葉を透過光で撮ってみた [カメラ・写真]

 昨日から東京はどうもはっきりしない天気が続いています。こういう天気のときとか季節の変わり目のときには、もう12年も前の手術跡がピリッとしたりします。タイトルからもわかるように、気分転換を兼ねてできるだけスカッとする写真を集めてみました(^^)/。

 フィルム時代は「逆光で撮るな」なんて言われていました。
 現在のカメラのように測光もきめ細かくはなく、露光調整もアバウトだったので、被写体が暗くならないようプラス1.5とか適当にオーバー露出にして撮ったものです。デジタル時代になって測光もピンポイントで決められるようになり、また撮った写真をその場で確認できるようになると逆光での撮影もそれほど神経質になる必要がなくなりました。確認して露出をプラス1/3とかマイナス1/2とか再調整して撮り直せばいいわけですから楽なもんです。てなわけで、現在、あちこちで見られる植物の若葉など、透過光で撮るとなかなかいい感じです。
 ただし、葉の厚みが増し葉緑素がふえる夏場は透過光の効果がうまく出ません。葉が薄く葉緑素の少ない春(要するに「今です」)か、葉緑素がなくなった紅葉の秋が撮りごろかと。また、青空の方が色がくっきり出ますので、日光浴を兼ねてカメラ散歩いかがでしょうか。
【注意】光学ファインダーのカメラ(いわゆるミラーレスではない一眼レフ)の場合、太陽が直接ファインダー内に入ると目を痛めることがあります。背面液晶を使って撮るほうが無難です。
↓カエデ(イロハカエデ)
カエデ(イロハカエデ).jpg
↓カエデ(セイガイ)
カエデ(セイガイ).jpg
↓カキ
カキ.jpg
↓サクラ
サクラ(佐藤錦).jpg
↓ザクロ
ザクロ.jpg
↓シナノキ
シナノキ.jpg
↓トチノキ
トチノキ.jpg
↓ハナミズキ
ハナミズキ01.jpg
↓ハナミズキ
ハナミズキ02.jpg
↓ベニカナメモチ
ベニカナメモチ.jpg

★「迷走ダイアリ」に「トンデモSF映画『アイアン・スカイ』」アップしました。実は1945年のナチスドイツ崩壊時に主要メンバーはロケットで月へと脱出し、地球からは見えない月の裏側に基地を建設。着々と地球侵攻の準備をしていた・・・。そんな科学力があれば戦争に負けることなどあり得ないのに、などと言ってはいけない。これは、そうした常識を一切拒否したトンデモ映画なのだから。
http://meisoud.blog.so-net.ne.jp/2019-04-24
nice!(7)  コメント(4) 

4月の向島百花園百花繚乱02 [植物]

 もう少ししたら出かけようと思ったら、降り出した[雨]。おいおい・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

 歳をとると腰が痛い、背中が痛い、股関節が痛い、首が痛い、肩が痛い、手首が痛い、頭が痛い・・・痛くない所を探すのが大変です。日々「老人力」が強化されていくのが実感されます。仕方ない。クレージーキャッツの「実年行進曲」でも貼っておきますか。
https://www.youtube.com/watch?v=AQXp_fhIs6o

 昨日は天気もよかったし、暑かったですねえ(寒さにも暑さにも弱い年寄りです。宮沢賢治にはなれませんなぁ)。一転、今日は傘マークが(^^;。昼から恵比寿行きですが、降ってなくても折りたたみの傘は必須のようです。パソコンも持参なのでけっこう大変です。以前から宝くじにでも当たったらもう1台パソコンを買い恵比寿に置いておく。そうなれば、辞めた大臣は知らなかったようですが、USBメモリだけ持って行けば同じ環境で仕事ができるわけで、ずーっと楽になります。・・・と、言い続けてもう何年経ちましたかねぇ?

 昨日に続いての向島百花園の花。これで入場料150円は安い(65歳以上半額。私の年間パスポートはナント280円)。まあ、すでに花などが終わっている植物のプレート札がそのままになっているとか、今年から禁煙になってしまったとかありますが、この値段ですから文句を言ってはいけませんですな。
↓シロバナタンポポ
シロバナタンポポ.jpg
↓トウグミ
トウグミ.jpg
↓バイモ(アミガサユリ)
バイモ(アミガサユリ).jpg
↓フデリンドウ
フデリンドウ.jpg
↓ミツバツチグリ
ミツバツチグリ.jpg
↓ムサシノアブミ
ムサシノアブミ.jpg
↓モクレン(紫木蓮)
モクレン(紫木蓮).jpg
↓ヤエヤマブキ
ヤエヤマブキ.jpg
↓ユキモチソウ
ユキモチソウ.jpg
↓ワラビ
ワラビ.jpg
nice!(9)  コメント(10) 

4月の向島百花園百花繚乱01 [植物]

 人間、歳とともにボケるのは仕方ないとはいえ(いやはや「老人力」は日々向上しております(^^;)、昨日は「休養日」にあてます、なんて書いたら午後に打ち合わせが入っていました(月曜日なのになぜか日曜日のような気がしていたのです(^^;)。えー、水曜日の午後にはまた打ち合わせが入っていますが、本日、火曜日は予定は入っていません。休養日にします(きっぱり!)。

 先日、タケノコメインで向島百花園に行ったのですが、今ごろから6月の梅雨入り前あたりまでがいちばん花の多い季節かもしれません。とりあえず、2回に分けてアップしていきます。
↓イロハカエデ(芽生え)
イロハカエデ(芽生え).jpg
↓イワヤツデ
イワヤツデ.jpg
↓カジイチゴ
カジイチゴ.jpg
↓キジムシロ
キジムシロ.jpg
↓キジムシロ2
キジムシロ2.jpg
↓キチョウ(おまけ)
キチョウ.jpg
↓クサボケ
クサボケ.jpg
↓サクラ(関山。サクラは八重桜満開。とりあえず1つだけ)
サクラ(関山).jpg
↓シャクナゲ
シャクナゲ.jpg
↓シラン
シラン.jpg

★このブログにたまに来ていただいているOKKO様のブログで日本語の敬語が話題になっていました。
https://popycyann.blog.so-net.ne.jp/2019-04-20
 本来ならOKKO様のブログのコメント欄に書くべきことなんですが、みなさん「日本語はむずかしい」と書いているので、ちがう意見を書いてブログが荒れると嫌なので、こちらに書いておきます。
 言葉の歴史などよくわかりませんが、いわゆるアルファベット言語の場合、かつてヨーロッパ全域を支配していたローマ帝国の影響(イタリア語)からフランス語もドイツ語も英語も派生したのだろうと勝手に考えています。極論すれば、すべてはイタリア語の方言のようなものですから、根っこは皆同じ。ところが日本語は文字も構造もちがうので、そのあたりが外国人に「日本語はむずかしい」といわれる所以なのではないでしょうか。
 ところが日本人自身が、よく外国人に「日本語はむずかしいでしょう」と言う時、その裏に、その難しい日本語を使いこなしている日本人はすぐれているんですぞ、というようなニュアンスが何となく感じられて、ずーっと気になっています。
 日本人自身、では「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」が区別できているのかというとそうでもなく(「食べる」の尊敬語は「召しあがる」だと思っている世代ですので最近市民権を得ている「お食べになる」はどうも気になります)、また、「東京に」と「東京へ」、「大きい」と「大きな」を区別できているのかというとこれも怪しいものがあります。
 ま、「訃報」を「トホウ」と読んだトホホな女子アナがいたことを考えると、やはり日本語はむずかしいのかも?
nice!(6)  コメント(8) 

隅田川土手の八重桜 [植物]

 多摩IHさんの八重桜写真に刺激されて、私もカメラを持って隅田川の土手まで行って来ました。ここは河津桜に始まり長くサクラが見られるように陽光、寒桜、大島桜、染井吉野、そしていろいろな八重桜が植えられているので、5月の連休明けまで楽しめます(今年は全体に開花が早いので今月いっぱいかな?)。
 ただ、植えられている範囲はそれほど広くないので、引いた絵はあまりパッとしません。勢いアップの写真が多くなり、ちょっと単調になってしまいますが、それでも、まあ、雰囲気くらいは感じてもらえるかも。
01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
08.jpg
09.jpg
10.jpg

★校正は、とりあえずの分は昨夜終わり担当者に送付しました。疲労が蓄積しているようなので、4/22(月)は休養日にあてようと思っています。朝は9時くらいまで寝ていようと思うので、今回のブログは朝8時から公開される予約投稿です。
nice!(6)  コメント(6) 

多摩の八重桜 IH [多摩周遊記 IH]

 今日中に送らなければならない原稿があるのですが、どうも乗らないのでちょっと外出。全席喫煙可という国民栄誉賞を進呈したいくらいの喫茶店があるので、一服してきまーす。(^^)/

 多摩のIHさんが住んでいる八王子およびその周辺にはまだまだ自然が残っていて、今度は八重桜の並木写真が送られて来ました。典型的な「里山」という感じでいいですねえ。私が住んでいる都区内も越して来たときは、マンションの横は手つかずの野原で、アメリカフウロとかビロードモウズイカとか撮って図鑑で名前を調べたり、初夏には巣材の泥を採りに来たイワツバメを写したりしたものです。10年も経った今は普通のマンションになって、前庭にはパンジーなどの花が咲いていますが、「おもしろみ」は全くないですね。
P1080314 (1).jpg
P1080319 (1).jpg
P1080328 (1).jpg
P1080333 (1).jpg
P1080335 (1).jpg
P1080336 (1).jpg
P1080350 (1).jpg
P1080356 (1).jpg
nice!(8)  コメント(8) 

百花園のタケノコ今年は遅い?不良? [植物]

 日曜夜までに仕上げなければならない校正が1本あるのですが、天気もいいので7D2+70-200F4Lを持って公園を歩いて来ました。八重桜がいい感じでした。整理ができたらアップします。
 今のところたいして怠さは感じませんが、さて、夜になってどうなんでしょう? いずれにしても歳とってからは眠りも浅いので、疲労がなかなか抜けません。若いころは徹夜しても一晩寝たら元に戻った、なぁんて言ったところで当時に戻れるわけはありません。ボチボチやっていきます。(^^)/

DSC_4439.jpg
 向島百花園のタケノコは例年4月上旬に見られるのですが、気がつけばもう4月も半ば過ぎ。ちょっと遅いかなと思いながら出かけて来ました。既にかなり延びて膝くらいまであるタケノコをイメージして出かけたのですが、孟宗竹の竹林を見ると、・・・あれぇ見当たらない(^^;。見直すと少し奥まった所に10cmちょいのタケノコが1つ。その少し手前に顔を出したばかりのタケノコが1つ。横に回り込むと20cmくらいのものが2本。見つかったのはこの4本だけでした。
 すでに掘り起こされてしまったのかなとも思ったのですが、掘り起こされた所はそのままというのがいままでのやり方。しかし、それらしき跡はなし。また、たいてい1〜2本はそのまま残されてタケに育って行くというのが恒例ですので、それもない。気候不順のせいで、今年はタケノコの出頭自体が不良なのでしょうか?
SG4A1571.jpg
SG4A1569.jpg
SG4A1573.jpg
SG4A1581.jpg
SG4A1589.jpg

★名古屋のミリオン座健在!でした(^^)/
 ミリオン座といえば、名古屋の伏見のちょっと奥まった所にある映画館で、私は父に連れられて弟、従兄弟とディズニーの「わんわん物語」を見に行った記憶があります。ここは名画のリバイバル上映も行っており、「嵐が丘」(白黒。ウイリアム・ワイラー監督)を見に行った母が上映後涙が止まらずバスに乗るのが恥ずかしいので歩いて帰って来た(3kmくらいある)という曰く付き?の映画館です。
https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019041901001386.html
 そういえば、時の流れとはいえテアトル名古屋(70mm。後、シネラマ名古屋。「ベン・ハー」「アラビアのロレンス」「サウンド・オブ・ミュージック」)、名宝劇場(東宝封切館。「天国と地獄」)、名古屋スカラ座(70mm。洋画封切館。「スパルタカス」)、中日シネラマ劇場(シネラマ。「2001年宇宙の旅」「バルジ大作戦」)、名鉄東宝(70mm。東宝封切館。「七人の侍」リマスター版)といった1000人規模の大スクリーン映画館もすべてなくなってしまいました。自宅周辺のオーモン劇場(洋画)、SK東映(東映封切館)もなくなってしまいました。もうひとつ中村映劇(なぜかオケラ劇場と言われていて映画会社関係なく上映していた三番館)があり、いつのころからかピンク映画専門館になりましたが、果して今でもあるんでしょうかね?
nice!(8)  コメント(2) 

サクラソウ満開です [植物]

 昼から打ち合わせがあって出かけて来たのですが、帰ってくる途中から体がだるく、帰宅後1時間ほど寝てしまいました。もしかすると風邪の前兆なのかもしれませんが、歳のせいということも考えられます。
 そうそう、先日、向島百花園に行ったとき、メインはキヤノンのEOS7D2+100マクロだったのですが、サブで持って行ったニコンV1のレンズ30-110のレンズキャップなくしてしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]。こちらもボケのせいかもしれません。まあ、いずれにしても今の仕事もそんなに長くは続けられないかもしれませんねー。(^^;

 サクラは散っても、サクラソウはまだまだ咲き続けるぞ。といった感じですかね。花屋でサクラソウとして売られている物はたいていプリムラ・マラコイデスとかプリムラ・オブコニカとかいった西洋桜草なんですが、向島百花園のものはいずれも和風テイストなので日本桜草の改良品種なんでしょうか。いずれにしても、サクラソウ属(Primula)はどれも似ているので私には区別がつきません。それぞれに品種名がついていますが、そんなものはどうでもいいので、いろいろなサクラソウで春を感じてください。
01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
08.jpg
09.jpg
10.jpg

★「迷走ダイアリ」に「『蜜のあはれ』再読とドラマ『火の魚』」アップしました。「蜜のあはれ」と言えば室生犀星の最高傑作で、日本文学の代表は「源氏物語」だけではないぞ、世界文学全集の中に入っていても見劣りしないぞと、私は思っているくらいの名作。不思議なリアリティのあるファンタジーですが、物語の主人公と似た歳になって再読してみると、若いころとはまた別の感動がありました。未読の方にはぜひ一読をお薦めします。
http://meisoud.blog.so-net.ne.jp/2019-04-17
nice!(8)  コメント(2) 

飛びもの昆虫撮影SH [鳥以外も撮る SH]

 前回、ギフチョウの写真を送ってくれたSHさんからの投稿。飛びものといっても鳥ではなく(鳥嫌いのKMさん、ご安心ください)昆虫の飛翔写真です。昆虫、とくに鱗翅目というと鱗粉大嫌いのIさんが思い浮かびますが、まあIさんはこのブログを見ていないと思うので、安心してアップできます。
「飛びものを撮影する方法は、主に待ち伏せと飛び出しです。待ち伏せは、次に来そうな花などに前もってピントを合わせておく方法ですが、なかなか思うようには来てくれません。飛び出しは、ピントを合わせる前に飛ばれてことが多いですね。連写は、昆虫の場合は最初の一枚が勝負。フォーカスポイントにとらえられるかどうかで決まります。あとはssをできるだけあげるように絞りを調整する。うまく撮れたようでも毎回家に帰ってからパソコンで見るとがっかりすることがほとんどです。」
↓アゲハ
アゲハ2084.jpg
↓キアゲハ
キアゲハ2247.jpg
↓クロマルハナバチ
クロマルハナバチ0328.jpg
↓ツマキチョウ
ツマキチョウ2164.jpg
↓ニホンミツバチ
ニホンミツバチ7907.jpg
↓ビロウドツリアブ
ビロウドツリアブ1922.jpg
↓ムカシハナバチ?(管理人・私にもわかりません(^^;)
ムカシハナバチ?8571.jpg

★ティーバーで「ストロベリーナイト・サーガ」というドラマを見てみた。以前、竹内結子主演で作られたドラマの何年ぶりかでの新シリーズである。姫川玲子の過去のトラウマや姫川班、その他の人物も基本的に変わっていない。各々の配役をざっと示すと(前が旧、後が新)、主役の姫川玲子(竹内結子・二階堂ふみ)、片腕になる菊田和男(西島秀俊・亀梨和也)、しばしば対立する日下守(遠藤憲一・神保悟志)、一匹狼のガンテツ(武田鉄矢・江口洋介)、上司の今泉春男(高嶋政宏・山口馬木也)ということになる。全体に新シリーズの貧困さが目立つが、とくに主役の二階堂ふみに、部下がこの人ならついていこうと思えるようなオーラが全くないのにはまいった。こんな貧相な女の下で万一死んだりしたら、完全に犬死にである。江口のガンテツなど周りはそれなりの俳優を揃えてはいるが、かなり重要な役割を演じることになる菊田がジャニタレ亀梨というのはどういうことだ。西島秀俊との差は歴然で、第1回の視聴率が7%だったことが大いに納得できるドラマだった。
nice!(8)  コメント(5) 

花は遅かった・・・(;_;) [植物]

 仕事の前に区議選の期日前投票に行って来ました。以前、墨田区で期日前投票に行ったときと比べると、前回もそうでしたが、A区は手際が悪いですなぁ。

 我々の世代だと、「薫ちゃんダダダ・・・」とくれば、もちろん美樹克彦歌うところの「花はおそかった」。森田さんという方のブログでオキナグサが紹介されていたので、
https://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2019-04-15
 確か、向島百花園にあったはずと時間をつくって行って来ました。が、ガーン[がく~(落胆した顔)]。まさしく、「花はおそかった[もうやだ~(悲しい顔)]」、でした。残念。まあ、このほうが翁草らしいと思うことにします。あれっ、よく考えたら花が遅いのではなく、私が行くのが遅かったわけで、そうすると「花は早かった」ということか[たらーっ(汗)]。ま、どうでもいいや。
オキナグサ02.jpg
オキナグサ01.jpg

★「ルパン三世」のモンキー・パンチさんが亡くなりました。アニメからのフアンが多いと思いますが、こちとら歳が歳だけに、週間漫画アクションの創刊号から読んでるもんネ(自慢のように聞こえるかもしれませんが、自慢です)。ついでに記録のために書いておくと、創刊号には小島剛夕の「おぼろ十忍帖(十忍帖だったか忍法貼だったか確信がない)」、石森章太郎(石ノ森)の「00九ノ一(サイボーグ009ではない)」、そのほか水木しげる、バロン吉元など。そうそう、「11PM」の藤本義一の小説などもあったと思う。結果的にモンキー・パンチさんは「ルパン三世」だけの人というイメージになってしまいましたが、これだけのヒット作を生んだわけですから、それもまたよし。合掌。
https://mainichi.jp/articles/20190417/dyo/00m/200/000000c
https://www.youtube.com/watch?v=_LCemq9lBig
nice!(10)  コメント(2) 

江戸川区自然動物園散策 [哺乳動物animal]

 先日、西葛西の江戸川区自然動物園にちょいと寄ってみました。本来の目的とはちがうので一眼ではなく1インチセンサーのニコンV1。本来のセンサーの問題で暗い所ではノイズが入ったり、AF性能が一眼と比べて劣っているので正直細かいピント合わせができません(AF追随にしておいても7D2とちがい被写体が動くとうまく追随してくれません(^^;)。ま、そもそもブログというのは日記ですから、不満もありますが「行って来ました」という記録のためアップしてあります。まあ雰囲気というか寛大な気持ちでご覧ください。それでも基本画質はコンデジよりはいいはずですので、文句は受け付けません(きっぱり!)。
01.jpg
↓オオアリクイ
オオアリクイ.jpg
↓オタリア
オタリア.jpg
↓ジェフロイクモザル
ジェフロイクモザル.jpg
↓ブラウンケナガクモザル
ブラウンケナガクモザル.jpg
↓プレーリードッグ
プレーリードッグ.jpg
↓ベネッチアカクビワラビー
ベネッチアカクビワラビー.jpg
↓ミミナガヤギ
ミミナガヤギ.jpg
↓レッサーパンダ(お昼寝中)
レッサーパンダ(寝る).jpg
nice!(9)  コメント(6) 
前の10件 | -